QA
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Info&News

『 建物状況調査/既存住宅瑕疵保証・保険サービス 』 内のFAQ

33件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 建物状況調査の料金いくらですか

    45,000円(税別)※ただし、戸建住宅で面積が150㎡以上500㎡未満の場合、3,000円(税別)が加算されます。※一部遠隔地の場合、別途出張費が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。 詳細表示

  • 瑕疵保険加入できる築年制限はありますか

    新耐震基準等を満たす、建築確認日が昭和56(1981)年6月1日以降の建物が加入条件となります。しかし、耐震適合証明書を取得している住宅は、検査事業者による建物検査に合格することで加入できる場合があります。 詳細表示

  • 仲介事業者コースとは何ですか

    引き渡しを受けた後で、既存住宅に瑕疵(欠陥)が見つかった場合にその瑕疵の補修などをするのにかかった費用を 確保するために、買主に保証を提供する仲介事業者が加入する保険です。 第三者である専門の検査事業者が売買される既存住宅の瑕疵保証検査を行い、検査に適合した場合には、 国土交通大臣指定の住宅... 詳細表示

  • 建物状況調査と瑕疵保険検査の違いは何ですか

    建物状況調査と瑕疵保険の検査項目は概ね同じ内容です。ただし、建物状況調査を行うのは既存住宅状況調査技術者の講習を修了した建築士で、瑕疵保険の検査は瑕疵保険法人に登録した事業者の検査員です。アットホームの建物状況調査は調査結果を瑕疵保険の適合判定としても利用できるようになっています。※個人間売買型「検査事業者コース... 詳細表示

  • 建物状況調査は必須ですか

    必ず建物状況調査を行わなければならないということではありません。業務の中で必要な作業は下記の通りです。媒介契約締結時・・・建物状況調査を実施する事業者のあっせんの可否を示し、依頼者の意向に応じてあっせん重要事項説明時・・・建物状況調査の実施有無と結果の説明売買契約締結時・・・基礎、外壁等の現況を売主・買主が相互に... 詳細表示

  • 検査事業者コースとは何ですか

    一般消費者や宅建事業者以外の法人が売主になる場合の仲介等の際に、仲介会社が申し込む瑕疵保証サービスです。第三者である専門の検査事業者が売買される既存住宅の瑕疵保証検査を行い、検査に適合した場合には、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人(当サービスでは(株)住宅あんしん保証)が保険でバックアップする検査事業者... 詳細表示

  • 引渡済みで建物状況調査はできますか

    建物状況調査は売買取引時に限定されるものではありませんので実施することは可能です。ただし、引渡日までが加入の条件とされている瑕疵保険に加入することはできません。 詳細表示

  • 仲介事業者コースの保証期間と支払限度額を教えてください。

    当サービスでは次の通りです。・保証期間/1年間、2年間、5年間からお選びいただけます・保険金額(支払限度額)/200万円、500万円、1,000万円(保険期間5年の場合の保険金額は1,000万円のみ) 詳細表示

  • 瑕疵保険のメリットは何ですか

    ≪買主≫検査/第三者である専門の検査事業者による検査が行われることで、既存住宅購入への不安が解消される保証/保証を付けることで購入後の安心が付加される保証/当サービスは国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人[(株)住宅あんしん保証]が保険でバックアップする検査事業者の瑕疵保証サービスであるため、住宅ローン減税... 詳細表示

  • 瑕疵保険を告知しないリスクは何ですか。

    売主・買主双方がメリットを享受できないため、仲介会社としての信頼を失う恐れがあるだけでなく、 瑕疵保険に加入していれば住宅ローン減税や各種の税制優遇が受けられた、築年数で対象外とされる 住宅(耐火建築物(RC造)で築25年超、耐火建築物以外(木造)で築20年超)の場合には、 買主から賠償責任を追及される... 詳細表示

33件中 1 - 10 件を表示

LINE