QA

Info&News

『 宅建業者売主型 』 内のFAQ

18件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 瑕疵保険加入できる築年制限はありますか

    新耐震基準等を満たす、建築確認日が昭和56(1981)年6月1日以降の建物が加入条件となります。しかし、耐震適合証明書を取得している住宅は、検査事業者による建物検査に合格することで加入できる場合があります。 詳細表示

    • No:11998
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 建物検査で不適合になる割合はどの程度ですか

    過去の実績によれば、戸建住宅で50%程度、マンションで5%程度が検査で不適合になっています。不適合になった場合は、指摘箇所を補修の上、再度検査を受け(別途費用が発生)、適合と診断された後に保証を付けることができます。なお、不適合となるようなケースの事例を当サービス専用サイトにて「建物検査での指摘事項」として紹介し... 詳細表示

    • No:11994
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 調査・保証費用は誰が支払うものですか

    保険法人からお申込みいただいた不動産会社に請求されますが、売主、買主、仲介会社の協議の上で決めていただき、お支払いいただけます。 詳細表示

    • No:12000
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 瑕疵保険の申し込みはどこからですか

    検査事業者コースはwebフォームからのお申込みとなります。また、仲介事業者コース、宅建業者売主型は保険会社へ事業者登録後のお申込みとなります。詳しくは建物状況調査/既存住宅瑕疵保証・保険サービス 専用ページをご覧ください。http://atbb.athome.jp/business/service/kashiho... 詳細表示

    • No:12006
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 瑕疵保険を告知しないリスクは何ですか。

    売主・買主双方がメリットを享受できないため、仲介会社としての信頼を失う恐れがあるだけでなく、 瑕疵保険に加入していれば住宅ローン減税や各種の税制優遇が受けられた、築年数で対象外とされる 住宅(耐火建築物(RC造)で築25年超、耐火建築物以外(木造)で築20年超)の場合には、 買主から賠償責任を追及される... 詳細表示

    • No:12009
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
    • 更新日時:2019/01/21 11:21
  • 瑕疵保険のメリットは何ですか

    ≪買主≫検査/第三者である専門の検査事業者による検査が行われることで、既存住宅購入への不安が解消される保証/保証を付けることで購入後の安心が付加される保証/当サービスは国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人[(株)住宅あんしん保証]が保険でバックアップする検査事業者の瑕疵保証サービスであるため、住宅ローン減税... 詳細表示

    • No:12008
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 仲介事業者コースと宅建業者売主型の保険の違いは何ですか

    保険の対象に違いはありません。ただし、宅建業者売主型は免責金額および縮小てん補割合がありますが、仲介事業者コースには縮小てん補割合はありません。 詳細表示

    • No:12005
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • どのような法律に基づき被保険者は買主に対し賠償責任を負担するのですか

    被保険者が住宅瑕疵担保責任保険法人所定の標準保証書を買主に対して発行し、民法第570条において規定する隠れた瑕疵により買主に生じた損害に対して責任を負います。 詳細表示

    • No:12003
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 相続物件は瑕疵保険は入れますか

    「売買時」(引渡し前)にのみ瑕疵保険は加入することができます。 詳細表示

    • No:11997
    • 公開日時:2019/01/21 09:20
  • 申込から保険証券発行の期間はどれくらいですか

    検査日程の調整がスムーズにいき、さらに検査で適合(指摘があがらなかった)の場合でも、手続きが完了する(買主に「保険付保証明書」をお渡し)までには、お申込みから最低2週間は必要です。実際には、不適合の場合の指摘箇所の補修及び再検査の期間も考慮していただく必要があります。 詳細表示

    • No:12001
    • 公開日時:2019/01/21 09:20

18件中 1 - 10 件を表示

LINE