• No : 11994
  • 公開日時 : 2019/01/21 09:20
  • 印刷

建物検査で不適合になる割合はどの程度ですか

回答

過去の実績によれば、戸建住宅で50%程度、マンションで5%程度が検査で不適合になっています。
不適合になった場合は、指摘箇所を補修の上、再度検査を受け(別途費用が発生)、適合と診断された後に
保証を付けることができます。
なお、不適合となるようなケースの事例を当サービス専用サイトにて
「建物検査での指摘事項」として紹介しています。
参考にしていただき、事前に物件をご確認ください。
http://atbb.athome.jp/service/kashi_moushikomi/index.html